エクスグラマー

エクスグラマーがあれば、豊胸手術は必要ありません

更新日:

バストアップする手段や方法は、この世の中、いろいろな種類のものがいっぱい出回っています。

その中でも特に代表的なものは「食物」、「サプリメント」、「エクササイズ」、「矯正下着」そして「豊胸手術」です。

豊胸手術以外は、そもそもバストアップできるかどうかの保証はありませんし、仮に大きくなれたとしてもある程度の期間(時間)は必要となってきます。

ですので、お金とある程度の度胸がある女性であれば、豊胸手術を選ぶのは至極当然のことだと言えるでしょう。

やはり、「すぐに」&「確実性」を兼ね備えた豊胸手術は、バストアップの手段として、ナンバー1だと考えられています。

しかし、度胸がある女性だったとしても、豊胸手術後の後遺症やその他に起こり得るリスクが心配だという方もいると思いますし、自分ではなく家族が心配して手術を止められてしまうといったことも多いにあります。

そんな気になる豊胸手術について、その手術の種類や発症する可能性がある後遺症、そしてその他の問題などがあるのかについて説明していきます。

こんな言い方をすると怖くなってきちゃう人もいるかと思いますが、けっして豊胸手術は危険な行為ではありません。

また、私自身が豊胸手術に対して否定しているというわけでもありませんので、誤解しないでくださいね。

 

さて、まずは後遺症についてなのですが、これはほぼ大丈夫だといってもいいと思います。

なぜなら、昔とはちがい現在の治療手術の技術や安全性は格段に上がっているからです。

とはいえ、どこの医院でも安心かというとそうではありません。

極端に治療費が低いところや、今までの患者の評判が悪いところは避けるべきでしょう。

つまり簡単にまとめると、2点の事を気をつければよいということになります。

それは「治療費が極端に安い」もしくは「患者の評判が悪い」の2点となり、それらに該当しなければほぼ安全だということです。

 

エクスグラマーの前に、豊胸手術のことも知っておこう

さきほども少し触れましたが、豊胸手術にもいくつかの手段があります。

ですので、豊胸手術の手段によって何かしらの問題やリスクも変わってきます。

そこで、大きく分けて4通りある豊胸手術の種類を簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。

4つの手段に分類される豊胸手術

今回は外国を除き、日本で代表的になっている豊胸手術をまとめてみました。

それが下記の4つのものを注入していく方法となります。

・シリコンバッグ
・脂肪
・ヒアルロン酸
・PPPジェル

だいたいの医院では上記のうちの一つの注入方法を行っているかたちとなります。

ですので、全ての手術について知りたければ、4つの医院の先生たちに聞いてもらうことになります。

それでは、上記の中でも一番利用されているシリコンバッグの危険性についてまとめていきます。

 

シリコンバッグの危険性

ほぼ、あなたもどんな危険性があるのか想像つくと思いますが、その想像は正解でしょう。

そう、つまりシリコンといういわば体内にない物質を入れていくわけですから、どう考えても絶対に安全だとはいえないのです。

そういうものが体内にあるだけで、体が拒否反応を示す場合も当然あります。

また、シリコンにトラブルが起きればバストの形も変わっていまい、何のために豊胸手術をしたのか分からなくなってしまいます。

つまり、危険性をゼロにすることはできません。

但し、ゼロに近づけることはできますので、豊胸手術を検討されている方は次のことを念頭に調べてから、手術を受けられたほうがよろしいでしょう。

一つ目に注意する点はシリコンバッグをどの位置から手術して入れるかです。

おおむね3箇所からシリコンを入れていきますので、先生とよく相談していただいて、あなたの最適な位置を入念に検討したほうがよろしいでしょう。

 

次に二つ目ですが、手術後には安静にしておく期間を設けることです。

だいたい一ヶ月は衝撃を与えないようにしていき、胸に馴染んできたと感じてきたら、徐々に揉んでいきましょう。

よって、先生から幾つかのアドバイスがもらえますので、そのとおりにきちんと実行していけば大丈夫だということです。

 

-エクスグラマー
-

Copyright© 人気のバストアップブラ♪エクスグラマーの口コミとレビューはこちら! , 2018 All Rights Reserved.